2016年10月17日月曜日

主体と工夫と想像と

普段、何気なしに「こういう事がしたいな」
と感じることがあると思う。
それは、昔から思っていた自分にとって超超重要な
ことかもしれないし、1日の中で、なんか美味しいものが食べたい
という何となくな感情みたいなものかもしれない。
その「何となく」から具体的な行動に出るためには
主体性が必要になる。つまり自分が中心になって動く、ということだ。

そんな中で、工夫というものがポンとでてくることがある。
「普段の様々な作業の中で
自分なりの思考でより良い結果に到達させるテクニック」
そんな感じだろうか。

この工夫は、主体性と想像から生まれる、と僕は思っている。
先の「こういう事がしたいな」という考えがあれば
目の前のちょっとした課題に直面したとき、
もう少しなんとかできないかなと考えて想像する。
絵でも、人の絵を観察すると様々な工夫を凝らしているのがわかる。
例えば絵で、人物の輪郭線をちょっと太くすることで
見栄えが良くなったり、視認性が上がるというテクニックがある。
それは、絵を描く人の様々な思考の過程があり
「もっと魅力的に見せたい!」という想いがきっと入っているだろう。
想像力を備えればより工夫の精度が増す。小さなことでも良い。
それらは、自分がやりたいこと、
欲求に基づいていると言えるかもしれない。

2016年10月11日火曜日

使えるスキルを引っ張り出す

たまに、あれ?自分ってこんなこと得意だったのか?
みたいなことがある。ほんとうにたまにだが。
スキルというのは特化しているものもあれば、実は汎用性に優れたものもある。
つまり、何か自分が成すとき、いつもは別の状況下で発動していたスキルが
更に別の状況でも転用されているみたいなことだ。
色々普段やらないことに挑戦してみるとそういうスキルにカチ当たることがある。
不思議な再発見。こういうのってセレンディピティの親戚みたいな感じなのかな。