2011年5月28日土曜日

優先する意思によって作られる何か

私たちが目にする出来事や商品や、番組は「誰か」による「何かを優先する意図」で決定づけられ、発生しているようである。それは、結果的に私たちが目にしたときに持つ印象とはあまり関係がないことも有りうる。「サア皆さん電気を消しましょう運動」というのがあったとして、それは本当に我々のためにやっているのかい?とか。こういう誰かの何らかの意図にズルズルと印象を持っていかれる感覚というのは時々感じますが、私たちが思考するという態度を放棄しなければそれはある程度回避することができるかもしれない。
その優先する意図がどんどん表に出てきて露骨になってくるとキモチワルイだけである。
出来ればこの供給する側の意図(inオブラート)と、需給する側の要求、印象等は何もかもが一緒とはいわずとも、オーバーラップする箇所があるのが望ましい…。

2011年5月1日日曜日

流れる世界

生み出された世界や人物は、オチに向かって突き進んでいる。
それは積極的かもしれないし、ただ、タイムコードが進んでいるから結果的に進んでいるだけなのかもしれない。
もしかすると創作者ですら、そのラストは想像できないものなのかもしれないが、創作者の責任は、それを最後まで描いて提示することだ。